医院ブログ|土日も診療。夜9時まで。T-FRONT3階の歯医者

戸田歯科
電話048-430-7554

戸田おとなこども歯科
電話048-229-0130

診療時間
10:00~21:00
休診日
祝日のみ

お問い合わせ

キービジュアル

TDC(戸田歯科)グループになります

2018年04月4日

2018年5月を迎え戸田歯科は開院して3年目に入ります。
そして、新たに現在の戸田歯科のすぐ近くにグループ医院として「戸田おとなこども歯科」を開院します。基本的に診療時間や治療コンセプトは戸田歯科と同一の医院となります。

歯科医師も新たに5名増え「TDC(戸田歯科)グループ」として規模を拡大することで、診療のご予約のとりやすさやアクセスなどの利便性だけでなく、新たな「矯正」のシステム導入や最新設備を取り入れることで、これまで以上に「子供から大人まで地域の皆様の健康を考えた歯科治療を提供していきたい」と考えております。

すでにお会いしている方にもこれからお会いする方にも、医療機関としては少し不適切な表現かもしれませんが、「また来たい医院」を目指します。

戸田歯科 院長 中村敦史

 

 

 

 

 

信頼できる「かかりつけ歯科医」認定医院ガイドに掲載されました!

2017年11月4日

当院が掲載されました。
詳細は下記をご覧ください。

インプラント治療のQ&A

2017年10月22日

現在、多くの歯科医院でインプラント治療が行われていますが、

そもそも、「インプラントって何?」という人も多いのはずです。

インプラントは「歯がなくなったところに人工の根を入れ歯をかぶせる」治療です。

絵にするとこの様な治療です。

また、先日奥歯にずっと入れ歯を使っていた方の手術がありました。

この方は10年以上インプラント治療に踏み切れず悩み続けた結果、当医院で治療を受けてくださいました。この方からは術前に沢山のインプラント治療に関する質問を頂きましたので、そのQ &Aの一部を皆さまに公開します。

Qインプラント治療は何歳までできる?
A最低16歳以上(骨の成長がほぼ終了)で、医学的、解剖学的に条件が満たされている限りは年齢の上限はありません。

Q歯周病でも大丈夫?
Aあまりにも口腔衛生状態が悪い場合、そのままではインプラントをいれることはできません。歯周病治療が終了後にもう一度インプラント治療が可能か相談させて下さい。

Q何本いれればいいの?
A抜けた歯1本に対して必ずしも1本のインプラントをいれる必要はなく、インプラントによるブリッチ治療もあります。

Q治療期間はどのくらい?
A一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのにインプラントにもよりますが6週間〜24週間かかります。その後、上に歯を入れるための期間がかかる場合とすぐに入れることができる場合があります。ストローマンインプラントの場合は、インプラント手術の後、数週間で上の歯まで入れることができます。

Qインプラントの手術は痛い?腫れる?
A口の中だけの局部麻酔をしてからインプラントを入れるのでほとんど痛みは感じません。処置時間はだいたい30分〜120分位ですが、麻酔が切れて傷口の痛みがまったくないわけではありません。ただ「歯を抜いた後よりは楽だった」という方がほとんどです。腫れは手術後1〜2日は出る場合がありますが通常すぐに治まります。

といった内容です。

皆さまも気になることが御座いましたらネットで検索するだけでなく、直接ご相談ください。

なかなか人には話せないこと

2017年09月22日

先日、夜に焼肉を食べて翌朝の休みの日のことでした。

「パパの口くさーい」

まだ小さい子供に無邪気な笑顔で言われ傷つきました(笑)

勿論、仕事の前日ならブレスケアを5粒は食べています(-_-;)

口臭について悩んでいる方は非常に多く、「臭い」を主訴として来院されている方は年々増えている気がします。

口臭の原因は「口」か「胃などの消化器」にあると言われています。そして、他の人が気がつく「真性口臭」と他の人にはほとんど気がつかれない「生理的口臭」があるともされています。

「人から言われたけど自分では気がつかない」そんなことも多いのではないでしょうか?

仲のよい人や家族にも相談しにくいのであれば是非、戸田歯科にご相談下さい。

戸田歯科には高感度半導体ガスセンサーを用いた口臭測定器があり、マウスピースを加えて僅か20秒程度で「口腔内ガス」と「呼気ガス」の臭いを簡易的ではありますが数値化してくれます。

お口のクリーニングの前後で口臭を測定することで、その違いを実感することができると思います。是非、ご希望の方がいらっしゃいましたらお伝えください。

※測定器の設定に準備があるため希望される方は予め先にお伝え頂いております。

 

前歯のセラミック治療

2017年08月2日

治療前

治療後

 

審美歯科とは単に「見た目を綺麗にする」治療ではなく、

いかに「いかに機能的で見た目も綺麗にするか」という治療です。

その中で材料として金属を使わない被せ物は非常に有効です。

他歯科医院で聞いたりネットで目にしたことがある方も多いと思いますが、

近年、『セラミック』は審美歯科の進歩に大きく貢献している材料のひとつです。

このセラミックは陶器の一種で自然の歯に近い光沢や色調を再現することができるうえ、暖かかったり、冷たかったり、ヌルヌルしている「口腔内」という劣悪な環境化でもしっかりと機能してくれます。

写真は他医院にてプラスチック製の前歯6本を入れる治療後に変色が進み、セラミックによるかぶせものに再治療をする術前と術後のものです。

他の歯もクリーニングとホワイトニングをして自然な色に仕上がり患者様にも満足頂けました。

皆さんも昔の治療で気になることがありましたらご相談ください。

戸田歯科が厚生労働省認定「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されました

2017年03月8日

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは、、、

平成28年に厚生労働省が新たに制定した虫歯や歯周病の重症化予防のために画期的な新制度です。

これは日本における、これまでの「削って詰める治療、空いた時間に予防処置」のような治療優先の歯科医療を考え直し、
虫歯にさせない、歯を失わないための継続的な検査やメインテナンスが組織的に行える歯科診療所として厳しい要件が定めて認定しているものです。
これまでに認定された歯科医院は全国の約69,000件のうちわずか3%ほどと言われています。

『かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所』に認定されるための条件

①歯科診療の安全対策に関する研修を受けた歯科医師がいる
②高齢者の口腔機能管理に関する研修を受けた歯科医師がいる
③予防やメンテナンスができる常勤歯科衛生士が勤務している
④在宅医療を行う医科や緊急時の連携している介護・福祉関係者・保険医療機関があり、歯科診療における歯周病のなどの維持管理の実績がある
⑤緊急時に対応できる設備・器具(AED、救急蘇生薬剤、酸素など)が用意されている
⑥感染防止に必要な滅菌設備を完備している

などの実績により厳しい条件のもと厚生労働省に認定された医療機関です。

これからもより一層、皆様のお口の健康を維持していく力添えができるようにスタッフ一同、全力で取り組んで参りますので宜しくお願い致します。

戸田歯科 院長 中村敦史

予約を取りやすく!個室診療室を増設します!

2017年02月28日

戸田歯科を開院してから沢山の患者さまに足を運んで頂きました。

『しっかりと説明してくれて分かりやすい』

『麻酔も治療も全然痛くない』

『歯医者が嫌いだけど女医さんもいるから安心』

『平日も遅くまでやって土日もやってるし通いやすい』

などの嬉しい言葉を頂く一方で、

『治療は良いけど予約がとれない』

という言葉を頂くことがあります。

確かに平日の夜や土日を希望する患者さまは多く、皆様には迷惑をかけてしまっていると考えています。

ですので、開業後1年経っていない状況ですが、

3/19(日)・3/20(月)・3/21(火)の3日間の休診日を頂き個室診療室の増設、医院改装を決めました。

また、4月からは新たなスタッフとして歯科医師及び歯科衛生士を常勤採用し医院規模を拡大していく予定です。

通院して頂いている方にもこれから来て頂く方もご満足頂けますよう努力して参ります。

今後とも宜しくお願い致します。

戸田歯科 院長 中村敦史

医院研修

2016年12月27日

img_7114

祝日の休診日を利用して企業主催のインプラントの研修会に参加してきました。

歯科材料は日々進歩しています。インプラントが開発されてからの約50年の間に様々な研究がなされ改良が繰り返されてきました。

この研修は当医院で扱っている世界シェアナンバーワンの『ストローマン』社の協力のもと最高の環境で充実した研修となりました。

関係者の方には感謝いたします。

研修の内容は『骨造成について』、骨がなくなってしまった所にいかに再生させるか?

と、いう再生治療に関するものです。研修といっても講義だけでなく実際の人体の構造にそくした模型を用いて手を動かすことが重要です。最先端の治療は知識だけでなく、1度でも体験することでその吸収のスピードはあがります。

これからも来院される方々に最善の治療が提供出来るように、スタッフ一同日々研鑽を続けていきます。

金属を使わないセラミックの歯

2016年10月6日

image

見た目をより良くする『審美歯科』という言葉を耳にしませんか?

審美歯科は薬剤を用いて歯を白くする『ホワイトニング』、金属を使用せずにセラミックの素材を使用して、より自然な仕上がりと白い歯を手 に入れるには『セラミックを用いた治療』などがあります。

しかし、日本では保険制度の問題もあり、昔から金属が多く用いられてきました。正直、見た目が良いとは言えません。
しかし、テレビをつければ昔はモデルや俳優、スポーツ選手だけでしたが、近年お笑い芸人などの多くの人たちが審美歯科治療を受けている姿を見ます。

審美歯科で大切なメタルフリーによるセラミック治療。

なぜ金属を使わない方がよいのか???
歯科治療の『つめもの』『かぶせもの』というとどういうものを想像されますか?

おそらく、銀歯を連想される方が多いと思います。

銀歯は保険適応されているので費用がさほど掛からずに済むというメリットがあります。(メリットは価格が安いことくらいです)

しかし金属ですので使用していると経年的に腐食が始まってしまうのです。

すなわち詰め物や被せ物、土台(コア)の金属が劣化してしまうので歯に大きなダメージを与える原因となりえます。また腐食した金属からの毒素で金属アレルギーになる原因にもなることもあります。

ご自身のお口に気になる事が御座いましたらご相談下さい。

 

2016年08月2日

image

写真は歯科用CTのデータ画像になります。

歯科用CTとは、コンピューターを用いて断層撮影(輪切りの画像)を行なう装置でコンピューターがデータ処理を行ない3次元の立体画像や断面図を得ることができます。

従来のレントゲン写真では平面での情報しか得られませんでしたが、歯科用CTでは神経や血管の走行位置や骨の厚みなど立体での精密な情報がわかります。

特にインプラント治療では顎の骨の厚さや形態、神経・血管の位置などを知ることはとても大切です。そこで歯科用CTを使用してインプラント埋入手術前にこれらを精密に診断することで、事前にインプラント手術のシュミレーションが可能となり、結果として手術時間の短縮や術後の痛み・腫れの軽減につながり、安全で確実な治療を行なうことができます。

つまり、患者さまの体への負担を最小限にするためにも、必要不可欠な装置といえます。
また、埋伏智歯(埋まっている親知らず)の抜歯の診断にも必要です。

戸田歯科には最新の歯科用CTが設置されていますので、患者さまの状況や症例に合わせて全て戸田歯科院内にて歯科用CTを撮影させて頂いています。

 

 

診療時間
10:00 ~ 13:00-
14:30 ~ 21:00---
14:00 ~ 18:00------

戸田歯科(本院)

Tel:048-430-7554

予約・個別無料相談こちら

戸田おとなこども歯科

Tel:048-229-0130

予約・個別無料相談こちら

このページの先頭に戻る